トップ / コンピューターウイルスに注意

コンピューターウイルスに注意

コンピューターソフト

コンピュータ,グラフィック

コンピューターウイルスの症状 

コンピューターウイルスは、悪影響を及ぼすプログラムのことです。その種類によって症状が異なり、単なる情報の取得などをスパイ行為を行うものから使用できないようにするものまで様々です。コンピューターウイルスと名付けられるのは次々とプログラムファイルからプログラムファイルへと感染するためですが、近年はインターネットによって簡単にプログラムファイルがダウンロードできるようになったため、正規プログラムと見せかけて感染を行うものが主流になっています。また症状もスパイ行為を行うものが中心となっており、個人情報やクレジットカード番号、ネットバンキングの暗証番号などの不正取得に使われています。

コンピューターウイルスの症状 

コンピューターウイルスとは、自己伝染機能、潜伏機能、発病機能のうち1つ以上の機能を持つプログラムのことです。自己伝染機能とは、自らをコピーし、システム機能を利用して他のシステムに伝染させる機能です。潜伏機能とは、ある条件を満たすまで症状を出さない機能です。発病機能とは、データの破壊を行ったりする機能です。コンピューターの動作が極端に遅くなったり、削除した覚えがないファイルが削除されていた場合、感染が疑われます。しかし、潜伏してユーザーの閲覧するWebサイトやキー入力を記録するものに感染した場合、感染を疑うことは難しいと考えられます。そのような場合に備えるためには、最新のウイルス対策ソフトを導入することが大切です。

コンピューター進化の情報

  • スマホアプリで道案内
  • 漫画喫茶で休憩を
  • © Copyright コンピューターのグラフィック. All rights reserved.